06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

臨床面接のすすめ方 

臨床面接のすすめ方―初心者のための13章臨床面接のすすめ方―初心者のための13章
(2001/04)
M. ハーセン、

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

心理療法が効果的なものになるか否かは、どれだけ正確な情報に基づいて具体的な判断ができるかにかかっているといっても過言ではないだろう。それだけ面接の中でクライエントの情報を収集することは大事なのである。
本書は面接時、特に初回面接時にどのような情報を、どのように、なぜ収集するのかを具体的な例文をもとにして解説をし、初回面接を行う際の方向性の目途を示唆してくれている。
大学院に入学すれば、初回面接場面を想定してアナムネをとる訓練を受けることもあるかと思うが、本書の内容を頭の片隅にでも入れているかいないかでは情報収集の性能に大きな差があらわれるだろうと予想される。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

臨床心理アセスメント入門 

臨床心理アセスメント入門―臨床心理学は、どのように問題を把握するのか (臨床心理学レクチャー)臨床心理アセスメント入門―臨床心理学は、どのように問題を把握するのか (臨床心理学レクチャー)
(2008/09/18)
下山 晴彦

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

クライエントの症状のメカニズムとその症状を呈することの意味を推測するという臨床心理アセスメントの正確性があってはじめて、機能分析やケース・フォーミュレーションが生きてくるということが、当たり前ではあるが、本書を通じて大変よく理解できる。ただ闇雲に「パニック障害だから、認知行動療法」というような短絡的な判断はアセスメントではない。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

ケースの見方・考え方 

ケースの見方・考え方―精神分析的ケースフォーミュレーションケースの見方・考え方―精神分析的ケースフォーミュレーション
(2006/12/10)
ナンシー マックウィリアムズNancy McWilliams

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

本書は精神分析的な立場からケースフォーミュレーションについて記述されているが、特に精神分析を志向しない方も読まれて損には決してならない。

ただ、(日本で臨床活動をしようと考えている方が)本書を読まれるときはアメリカと日本との文化的差異を考慮に入れながら読む必要はある。
また、アセスメントとケースフォーミュレーションの違いがはっきりしていない方は、まずそのあたりの学習を進めてから読まれた方がよいかもしれない。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

セラピスト誕生 

セラピスト誕生―面接上手になる方法セラピスト誕生―面接上手になる方法
(2010/02/25)
東 豊

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

システムズ・アプローチ界の鬼才、東 豊先生による、大学院生へのSV風景を逐語録したものが本書である。
東先生の書かれる文章は平坦で読みやすく、大変おもしろい。
大学院生が面接スキルの学習のために読むだけでなく、単なる「読み物」としても大変興味深い内容となっている。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

マイクロカウンセリング技法 

マイクロカウンセリング技法―事例場面から学ぶマイクロカウンセリング技法―事例場面から学ぶ
(2007/07/31)
不明

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

各種カウンセリングにおいて共通するテクニックを凝縮し、一つのカウンセリング学習過程として体系化したものがマイクロカウンセリングである。
確かに、カウンセリングとは個々のクライエントの特性や主訴に応じて柔軟に行われる間主観的なかかわりであって、技法が先行してしまうようではクライエントの主体性をないがしろにする行為となる。
しかしながら、マイクロカウンセリングでは「なぜ今、自分はこのかかわりをしているのか」という「意図性」が重要視されており、単に技法をクライエントにあてがうようなものではない。
大学院に入学すれば、必ずロールプレイでカウンセリングの訓練を行うことになるが、その際マイクロカウンセリング技法を知っていることは大きなアドバンテージとなる。

副読本としてカウンセリングの技法を学ぶをオススメする。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

カウンセリングテクニック入門 

カウンセリングテクニック入門カウンセリングテクニック入門
(2004/03)
大谷 彰

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

上記のマイクロカウンセリングとは異なり、本書は認知理論に依拠してカウンセリングの技法について書かれている。
マイクロカウンセリングだけでなく、幅広い視点からカウンセリング理論について学んでほしい。
特に本書では第8章に「抵抗とその対応技法」について述べられているので、次に述べる「動機づけ面接法」へのステップとしてもオススメである。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

動機づけ面接法 

動機づけ面接法―基礎・実践編動機づけ面接法―基礎・実践編
(2007/06)
ウイリアム・R. ミラーステファン ロルニック

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

もともと動機づけ面接法は依存症の治療プログラムとして開発されたものであるが、現在ではあらゆるクライエントの動機を向上させるテクニックとして活用されている。
クライエントは往々にして「変わりたい。でも変わりたくない」というアンビバレント状態にいるものであるが、動機づけ面接法では、その「変わりたい」という気持ちを受容し、拡張していくことが目指される。
どんな優れた心理療法を行える知識と技術を持っていたとしても、クライエントが以後来談しないとすれば、それを生かすことが出来ない。そのようなことを少しでも減らすためにも本書を読んでクライエントの動機を高める方略を学んでほしい。

本書を読んで動機づけ面接法に興味をもたれた方は動機づけ面接法 実践入門 「あらゆる医療現場で応用するために」も読まれることをオススメする。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

心理検査法入門 

心理検査法入門―正確な診断と評価のために心理検査法入門―正確な診断と評価のために
(1993/10)
渡部 洋

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

専門家として心理臨床をやっていくのであれば、心理検査をとることは避けて通れない道であり、また、心理職の専門家として本領を発揮する場の一つでもある。
したがって、大学院入学後はしつこいくらいに心理検査法は学習しておかなければならない。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

シナリオで学ぶ医療現場の臨床心理検査 

シナリオで学ぶ医療現場の臨床心理検査シナリオで学ぶ医療現場の臨床心理検査
(2010/09/03)
津川 律子篠竹 利和

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

本書は医療現場で遭遇するありがちな問題状況をストーリー仕立てで解説し、その解決法を明快に記述している。
実習へ行く前や、実践を積む前に本書でイメージトレーニングをし、未然にありがちな失敗を防ごう。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

転移/逆転移 

新版 転移/逆転移新版 転移/逆転移
(2008/11/10)
氏原 寛

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

本書は転移・逆転移に関する概念を書したものではなく、実際に現場で臨床をされている先生方が身をもって感じた生の現象としての転移・逆転移について書されたものである。
しかも、先生方のオリエンテーションが多様で、様々な観点から転移・逆転移について考察されているので、「教科書」では決して学べないヴィヴィットな転移・逆転移について知ることが出来る。
転移・逆転移は面接過程を左右する重要なファクターであるため、現場にでる以前からこれらの現象について自分なりにイメージをとらえておくことが重要であろう。
本書のほかに逆転移を扱ったものとしてころんで学ぶ心理療法―初心者のための逆転移入門があるが、こちらも同様におすすめである。こちらは逆転移に如何に気づくか、そしてそれを如何に生かすかを学ぶことが出来る。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0