10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成14年度 問題90 

平成14年度 問題90

Aには「認知過程の変数」として指摘されているものが入るが、この段階では「原因帰属」か「自己効力感」かを判断することは難しい。プライミング効果は先行刺激が後続の反応を知らず知らずに促進させる現象なので、「認知」に関するものではない(潜在的な認知と言えるかもしれないが)。

Bには論理療法のABC理論でいうAが入るが、このときのAは「活性化する出来事」である。

CにはBの問題と同様、ABC理論でいうBが入るが、このときのBは「信念体系」である。Bの問題とともにこちらも参照のこと。


従って、適切な選択肢 a. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成14年度

tb: 0   cm: 0

« 平成14年度 問題96  |  平成14年度 問題87 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/951-7a69fcf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。