06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成14年度 問題18 

平成14年度 問題18

a.個人の力だけでは限界がある。

b.問題文そのまま。

c.問題文そのまま。

d.問題文そのまま。

◆フールプルーフとフェイルセーフ
前者は、例え誤った操作をしたとしてもリスクを最小限に抑えれれるように、安全な仕組みにすること(人的な操作に関わることに関して、安全な仕組みにしておくこと)。
後者は、機械の故障等で障害が発生したとしても、常に被害を最小限にとどめるような工夫をしておく(機械のシステムに関して、安全な仕組みにしておくこと)。

e.問題文そのまま。


従って、適切でない選択肢 a. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成14年度

tb: 0   cm: 0

« 平成14年度 問題19  |  平成14年度 問題14 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/920-8b4222b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)