06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成12年度 問題13 

平成12年度 問題13

a.問題文そのまま。参照

b.フラッディングは古典的条件づけの原理を応用したものである。

c.問題文そのまま。

d.問題文そのまま。想像上の嫌悪的イメージを刺激として用いることで不適応行動を減少させる潜在条件づけを応用したもの。消去しようとしている不適応行動とともに嫌悪的イメージも想起させ、その行動に嫌悪を条件づけることで当該行動の反応生起を抑制しようとする。

e.問題文そのまま。


従って、適切でない選択肢 b. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成12年度

tb: 0   cm: 0

« 平成12年度 問題18  |  平成12年度 問題11 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/884-eb279bba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)