06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成9年度 問題55 

平成9年度 問題55

境界性人格(パーソナリティ)障害の疑いであるため、CMIは否定してよいだろう(参照)。従って、この時点で答えがd.e.に絞られる。
そのうちe.を見ると、e.にはMMPIとYG性格検査の両方に○が記入してあるが、クライエントへの負担や目的などから考えても、両方を実施する必要はない。

確認のためd.を見ると、WAIS-R、ロールシャッハ・テスト、MMPIは目的に沿っていることが分かる。


従って、適切な組み合わせ d.○○×○× が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成9年度

tb: 0   cm: 0

« 平成9年度 問題56  |  平成9年度 問題53 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/788-f63d68c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)