04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成8年度 問題91 

平成8年度 問題91

「精神症状についての判断が必要」とあらば、クライエントの周辺の人間関係も把握しておく必要が出てくる。
しかしながら、それをクライエントの許可なしで行うことは倫理的に問題がある。従って、まずはじめにその件でクライエントの同意を得ることが必要だと思われるので、「他者連絡について本人の意思確認」を行わねばならない。

意思確認によって同意が得られたら、まずは「家族に連絡」する。成育歴を詳細に尋ねることも視野に入ってくるかもしれない(特に発達障害やパーソナリティ障害が疑われるような場合)。入院の必要性が出てきたとしたら、保護者選任の手続き等が必要となってくる可能性も有る。

本クライエントの場合「上司の了解なしに来室」とあるので「上司に連絡」することも必要となってくるだろう。社内での普段の様子も聴く必要が出てくるかもしれない。


従って、適切な対応順 d. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成8年度

tb: 0   cm: 0

« 平成8年度 問題94  |  平成8年度 問題87 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/765-2a910684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。