06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成8年度 問題29 

平成8年度 問題29

a.準備期、孵化期、啓示期、検証期の4段階である。参照

b.問題文そのまま。参照

c.知能をどのように定義するかにもよるが、知能検査で測定する知能は創造性を測定できていないとも言われており、創造性と知能とには必ずしも相関が高いとは言えない。

d.無意識的に起きるものである。

e.例えば精神分裂病(現 統合失調症)における陰性症状では創造性が見られなくなる。


従って、正しい選択肢 b. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成8年度

tb: 0   cm: 0

« 平成8年度 問題31  |  平成8年度 問題28 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/741-e4c9bb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)