10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成8年度 問題24 

平成8年度 問題24

A.性格検査の結果という複数の量的な変数がどのように販売成績という量的な変数に影響しているかを調べたい場合は重回帰分析を行う。

B.「適切な項目を抽出し項目を整理」するには因子分析を行う。

C.類似度を測定したりその関係性を調べる場合はクラスター分析を行う。

D.能力検査という量的な変数から、向き不向きという質的な変数を見分ける場合は判別分析を行う。

以上に関してはこちらも参照のこと。


従って適切な選択肢 b. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成8年度

tb: 0   cm: 0

« 平成8年度 問題28  |  平成8年度 問題22 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/739-9642a42b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。