03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

平成7年度 問題91 

平成7年度 問題91

インフォームド・コンセントとは情報を得て、かつその情報に基づいて決定する権利のことである。

この観点から考えるとAは「知る権利」となり、Bは「決定する権利」となり、Cは「情報伝達義務」となる。

また、年齢や知的能力等の制約があり責任能力に限界がある場合、決定を代行する人が必要となってくる。代行する人物として家族は代表的である。したがって、Dは「家族による代行」となる。

以上についてはこちらも参照のこと。


従って、適切な組み合わせ e. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成7年度

tb: 0   cm: 0

« 平成7年度 問題96  |  平成7年度 問題89 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/730-75170a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)