06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成7年度 問題33 

平成7年度 問題33

A.問題文そのまま。

B.知能指数を算出して、それで終わりではない。その結果からどのような支援が出来るのか、などの推察や考察を行うアセスメント作業も大切である。

C.投映法はあくまでもアセスメントの一つに過ぎず、それによってアセスメント面接を省くことが出来るようになるわけではない。

D.問題文そのまま。参照


従って、適切な組み合わせ c.○××○ が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成7年度

tb: 0   cm: 0

« 平成7年度 問題36  |  平成7年度 問題30 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/708-9ddda304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)