04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成6年度 問題95 

平成6年度 問題95

A.学校保健法の第二条に「学校においては、児童、生徒、学生又は幼児及び職員の健康診断、環境衛生検査、安全点検その他の保健又は安全に関する事項について計画を立て、これを実施しなければならない」とあり、大学(学生)にも適応されることがうたわれている。

B.問題文そのまま。ただし、優生保護法は優生思想に基づくものであり、差別の温床としての機能を持つものであるとして1996年に母体保護法に改正・改題されている。

C.問題文そのまま。1983年に起きた宇都宮病院事件(病院内で患者を虐待死させた事件)をきっかけに、日本における精神病者の処遇が国際問題にまで発展したことを嚆矢とする。

D.1950年の精神衛生法により都道府県に精神病院の設置義務が課せらた。従って、「地域精神保健行政」ではなく、精神病院への“収容”が行われていた。

E.問題文そのまま。ただし「精神医療対策」とは言っても実態は医療とは程遠い内容であり、精神病者の私宅監置を、警察の許可制にして取り締まることが行われていた。つまり国は精神病者を社会から隔離し、その保護責任を家族に負わせたのである。


従って、適切な組み合わせ c.×○○×○ が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成6年度

tb: 0   cm: 0

« 平成6年度 問題100  |  平成6年度 問題94 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/696-aac006c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。