05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成6年度 問題49 

平成6年度 問題49

a.問題文そのまま。修正BRSは片口が日本人向けに項目を簡略化した。適応状態の指標となる。修正BRSが低すぎる場合、現実検討能力が失われている可能性が示唆される。

b.問題文そのまま。ロールシャッハ予後評定尺度。

c.問題文そのまま。

d.脳の器質障害の有無を査定するのはオーガニックサイン。例えば、カードⅦに対してD1、D4、D5を見ながら「これ(D1)は魚んですね。あ、これ(D4)も魚ですね。これ(D5)も魚ですね」というように粘着気質的な表現があるもの。粘着気質→てんかん気質→てんかん→器質(オーガニック)ということ。
アルファ指数は統合失調症の識別を目的とした指標であり、3点以上の時それが疑われる。
オーガニックサイン、アルファ指標ともにPiotrowski,Z.A.により考案された。

e.問題文そのまま。


従って、適切でない選択肢 d. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成6年度

tb: 0   cm: 0

« 平成6年度 問題53  |  平成6年度 問題47 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/680-68d6dd80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。