06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成5年度 問題2 

平成5年度 問題2


精神分析学では「意識ばかりが研究の対象ではない」として無意識の概念をもってWundtを批判した。

ゲシュタルト心理学では「こころを要素にわけてはこころそのものを把握できない」としてこころを全体的にみる視点からWundtを批判した。

行動主義は「研究法が主観的だ」として内観法を否定しWundtを批判した。

以上はこちらも参照のこと。


従って適切な組み合わせ c. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成5年度

tb: 0   cm: 0

« 平成5年度 問題4  |  平成4年度 問題76 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/628-6bc4e739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)