07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

教育心理学 教育場面で問題化する生徒像 

教育場面で問題化する生徒像 

知能と成績の関係は、ATI以外にも見られる。
それはオーバーアチーバーアンダーアチーバーである。
オーバーアチーバーとアンダーアチーバー

 オーバーアチーバーとは、その生徒のIQの割に成績が良いことをいう。つまり、身の丈以上に頑張りすぎているということであり、他の生活機能が阻害されている可能性がある。一方、アンダーアチーバーとは、その生徒のIQの割に成績が悪いことをいう。勉学を必要以上に怠けている可能性がある。

スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]教育心理学

tb: 0   cm: 0

« 教育心理学 生徒‐先生の相互作用  |  教育心理学 生徒の特性と講義内容 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/62-e853a5f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。