09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成3年度 問題32 

平成3年度 問題32

a.子どもと関わる上でも気持ちを言葉にしながら関わることが求められる。

b.遊戯療法に限らずあらゆる心理療法はTh-Clの相互作用で成り立っている。

c.必要な制限を設けることはTh-Cl双方を守る上で重要である。参照

d.治療的・援助的ではない関わりと言える。なぜそうThが感じたのか、Clがそのような行動をとらざるを得ないのかを考える必要がある。

e.「許容できる範囲で」が重要と言える。


従って、不適切な選択肢 d. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成3年度

tb: 0   cm: 0

« 平成3年度 問題35  |  平成3年度 問題28 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/586-e717f4c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。