05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

よくわかる瞑想ヨガ 


よくわかる瞑想ヨガよくわかる瞑想ヨガ
(2012/01/31)
綿本 彰

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆


私は認知行動療法を行う際、簡易的な行動活性化療法を取り入れている。

そんな中、あるクライエントから「昔、瞑想を習っていたことがあって、それをすると気分が落ち着くことがありました」という言葉を頂いた。
その時私は瞑想を活動パターンに取り入れることを是認し、その根拠として「心理学でも瞑想を通じてマインドフルネスという状態になるのは良いと言われている」ということを挙げ、「マインドフルネス」の説明をした。

しかしながら、そのセッションを振り返っていた時にふとあることに気が付いた。

自分自身、瞑想というものが何なのかをよく理解していなかったのである。



このような危機感を覚えた時に手に取ったのが本書である。

本書は文章も難しくなく、かつイラストもついており非常に分かりやすい。


本書には一言も「マインドフルネス」という言葉が出てはこないが、私はこれを読んだおかげで瞑想とマインドフルネスとの関係が分かった気がした。



また、本書によると、ヨガでは瞑想の前段階として「禁戒(やらない方がいいことはやらない)」や「勧戒(やった方がいいことをやる)」があるらしいが、これはまさに行動活性化療法でやろうとしている考えと共通するところであると私には思われ、マインドフルネスを取り入れた心理療法やる場合、行動活性化療法を組み合わせるのは理にかなっていると言えるのかもしれない、という感想を持つことも出来た。


マインドフルネスの考えや行動活性化療法のエッセンスを取り入れた心理療法を行っている実践家は、本書を読むとその心理療法に立体的な広がりを持たせることが出来るようになるかもしれない。
スポンサーサイト

カテゴリ: [その他オススメ図書]文庫・単行本

tb: 0   cm: 0

« 記事の追加  |  治療のこころ »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/562-0cccb1ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。