06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

研究における倫理 クライエントの人権や意志の保障 

クライエントの人権や意志の保障

クライエントは自由意志をもった一人の尊重すべき人間である。
したがって、はじめに研究に同意したとしても、いつでもその研究を辞退する権利を有する。臨床家はその権利を保障しなければならない。

クライエントは臨床家のモルモットでは決してない。
臨床家の功名心に色づけられた自己本位な自己愛を満たすための、研究道具や手段では決してないのである。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 研究における倫理 フィードバック  |  研究における倫理 インフォームド・コンセント »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/541-a02638ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)