09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

臨床心理学 倫理 

倫理

臨床心理学は、人の福利に貢献することを責務とする実践学である。
それゆえ、臨床心理学においても倫理は当然、遵守しなければならない。

倫理は個々人が自覚的であることが求められるものであるので、杓子定規に「倫理」というものを記述出来ないが、以下のことを心得ておくとよいかもしれない。
なお、臨床心理学は研究と実践の両輪からなる学問であるので、それぞれにおいて求められる倫理感は若干異なる。

研究における倫理◆

①守秘義務
②インフォームド・コンセント
③クライエントの人権や意志の保障
④フィードバック

実践における倫理

①守秘義務
②インフォームド・コンセント
③二重関係の禁止
④技術の向上
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 遊戯療法―二つのアプローチ  |  心理検査学 テストバッテリー »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/537-751656db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。