05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

認知行動療法モデル EMDR 

EMDR

EMDRとは、Eye Movement Desensitization and Reprocessingのことであり、シャピロによって考案された認知行動療法モデルに基づく行動療法の一技法である。
EMDR

 EMDRとは、シャピロによって考案された認知行動療法モデルに基づく行動療法の一技法である。「眼球運動による脱感作と再処理法」と呼ばれる。EMDRでは、不安や恐怖を引き起こす場面を思い浮かべながら、眼球を急速に左右水平方向に動かすことで症状を改善させていくことを目的に行われる。特にPTSDの治療に効果があるとされている。治療効果が生起するメカニズムについては諸説あり、未だ解明の途上であるが、神経心理学的なメカニズムや認知的な再処理のメカニズムが考えられている。

シャピロは、落ち込んで気持ちが沈みこんでいる時にテニスの試合を観戦していたのだが、見終わった後、自分の気分が良くなっていることに気づいた。この体験から「懸命にボールを目で左右に追っていたことが、自分の気分の変容に影響したのではないか」と思い至り、EMDR開発につながったという。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 第三世代の行動療法 第三世代の行動療法とは何か  |  類型論 ユングのリビドーの方向と精神機能による分類 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/530-e24fc66c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。