05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

質問紙法 エゴグラム 

エゴグラム

エゴグラムとは、交流分析理論の創始者バーンの弟子であるデュセイが作成した質問紙法である。
エゴグラムでは、交流分析理論に基づき、5つの自我状態、すなわちCP、NP、A、FC、ACの働きの強弱を測定する。各自我状態の詳細はこちらを参照のこと。

日本で標準化されたエゴグラムとしては東大式エゴグラムTEG)が有名である。TEGは、「はい」「いいえ」「どちらでもない」で回答する。

長所としては、簡便、集団実施化可能、解釈が容易という点が挙げられる。
一方、短所としては、性格の一面が表れているだけで全体のことは把握できない、結果が状況によって変化しやすい、等が挙げられる。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

« 人格検査 作業検査法とは何か  |  質問紙法 16PF »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/525-3fc6e032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。