09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

作業検査法 内田クレペリン精神作業検査 

内田クレペリン精神作業検査

内田クレペリン精神作業検査とは、クレペリンが連続加算法によって生じる心理的要素を明らかにした研究を参考に、内田勇三郎が作成した作業検査である。
内田クレペリン精神作業検査では、一分に一行ずつ一桁の数字を連続加算し(前半15分、休憩5分、後半15分)、その結果得られる作業曲線から知能・仕事の能力、積極性などのパーソナリティを分析する。

作業に影響を与える因子としては意志緊張興奮慣熟練習疲労の5つがあると考えられている。

長所としては作業検査であるため、「仕事ぶり」が如実に現れる点などが挙げられる。
短所としては計算能力に結果がかなり依存している、労力がかかる、すべての特性が現れると考えるのは早計である、などが挙げられる。

以下にモデル図を示す(図1)。
内田Ⅱ
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

« 作業検査法 ベンダー・ゲシュタルトテスト  |  人格検査 作業検査法とは何か »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/524-f52d8f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。