07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

人格検査 質問紙法とは何か 

質問紙法とは何か

質問紙法とは、査定すべき内容に関する多種の質問項目に被験者が答え、その回答から被験者のパーソナリティを把握することを目的とした方法のことである。

質問紙法には以下のような長所や短所がある。

◆長所
客観的。
集団実施可能。
簡便。
統計的処理が可能。
etc...

◆短所
出題の意図がわかりやすく嘘がつきやすい。
無意識レベルのこと、項目にないことはわからない。
文字を理解出来ない子どもには実施しにくい。
etc...

質問紙を作成する場合、気をつけなければならない点がある。
それは、以下のものである。

〔質問項目を作成する際に避けるべきこと〕

キャリーオーバー
ある質問項目が他の質問項目に影響を及ぼすこと。
例えば、先の質問で「自分勝手な行動は良くない」に「はい」と答えた者は、この質問項目に影響を受け、「自分の子どもには好き勝手にさせたい」という後の質問に「はい」とは答えづらくなってしまう。質問項目はそれぞれ独立させなくてはいけない。


ダブルバーレル
1つの項目に2つ以上の質問が含まれること。
例えば、「あなたは優しくて強い男性が好きですか」という質問であると、「強い男は好きだけど、優しくなくてもいい」と思っているような人は答えられない。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

« 質問紙法 Y-G性格検査  |  心理検査 人格検査とは何か »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/515-e8b22a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。