09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

異常心理学 その他重要な症状 

その他重要な症状

ここでは、上記までに紹介できなかったが重要である精神障害について簡単に説明する。


性同一性障害

身体的性と心理的性との間に強い違和感があり、自身の性的な身体的特徴に不快感を持っている。また、反対の性に属していると確信している状態。


代理ミュンヒハウゼン症候群

多くの場合、自身の子供をわざと傷つけ、その傷ついた子供を献身的にケアしているところを他者に見せつけることによって自分に周囲の関心を引き付けようとする精神障害である。注目を集めることによって精神的満足を得ようとする。


コルサコフ症候群

コルサコフが慢性アルコール中毒で報告したことが研究の嚆矢となった精神障害である。失見当、記銘障害、健忘、作話を主症状とする。会話能力などの知的能力に目立った低下は見られない。


選択性緘黙症

自分の家など、普段の生活の中では話すことができ、発声に影響する身体的な疾患があるわけでもないのにも関わらず、特定の場面、例えば学校や幼稚園といった場面や特定の人物の前では全く話すことができなくなる状態。幼児期に発症する場合が多く、この症状の背景には社会的状況における不安があると考えられている。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]異常心理学

tb: 0   cm: 0

« 知能検査 ITPA  |  パーソナリティ障害 C群 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/510-8e554db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。