07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

摂食障害 各論 

各論


神経性無食欲症

神経性無食欲症は、神経性食欲不振症とも呼ばれ、過剰な食事制限を特徴とする摂食障害の一種である。10代、20代の女子に好発する。

神経性無食欲症はさらに制限型無茶食い/排出型に細分類される。
制限型とは、絶食を基本とする神経性無食欲症の類型である。一方、無茶食い/排出型とは、無茶食いエピソードの後、それを自己誘発性嘔吐などの行為によって排出させる神経性無食欲症の類型である。
両者ともに、ボディイメージの障害肥満への恐怖やせ願望過活動が見られる。
治療・援助としては、カウンセリング、点滴、家族療法、心理教育などの方法が用いられる。なお、一般的に摂食障害者は病識が乏しいので、介入が難しい。


◆神経性大食症

神経性大食症は、神経性過食症とも呼ばれ、無茶食いを特徴とする摂食障害の一種である。10代、20代の女子に好発する。

神経性大食症はさらに排出型非排出型に細分類される。
排出型とは、摂食行動の代償行動として嘔吐、下剤・利尿剤の乱用などを伴う神経性大食症の類型であり、非排出型とはそれが伴わない神経性大食症の類型である。


※無食欲症の排出型と大食症の排出型の違い
体重低下の有無:無食欲症→有、大食症→無
過食行動が当初からあったか:無食欲症→無、大食症→有
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]異常心理学

tb: 0   cm: 0

« 心理検査 心理検査に求められるもの  |  心理検査 心理検査とは何か »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/474-7dd055e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。