07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

身体表現性障害 身体表現性障害とは何か 

身体表現性障害とは何か

身体表現性障害とは、痛みや吐き気、しびれなどの自覚的な身体症状を呈するが、身体に器質性の問題はなく、むしろ心的問題が身体症状に帰する心理的障害である。
身体表現性障害は、身体化障害転換性障害疼痛性障害心気症性障害身体醜形性障害に分類される。
身体表現性障害

 身体表現性障害とは、痛みや吐き気、しびれなどの自覚的な身体症状を呈し、そのために日常生活に支障をきたすが、身体に器質性の問題はなく、むしろ心的問題が身体症状に帰する心理的障害である。身体表現性障害は、身体化障害、転換性障害、疼痛性障害、心気症性障害、身体醜形性障害に分類される。身体表現性障害への対応として留意すべきことは、クライエント自身がその身体症状の背景に心理的な理由があることを気づき、自ら精神科や心理士のもとへ来談するように綿密なラポールを形成することである。

※なお、心身症(PSD)は身体表現性障害同様に、その症状発生の背景に心因があるが、実際に器質的な症状を呈する点で異なる。
心身症

 心身症とは、心理社会的要因がその発症や経過に関与している身体的疾患である。器質的ないし、機能的な障害が認められる。胃潰瘍、気管支喘息、本能性高血圧などがその例である。神経症やうつ病、他の精神症害に伴う身体症状は除外される。シフオネスは心身症者に特有の心性として、アレキシサイミアを挙げた。アレキシサイミアとは身体症状や事実関係はくどくどと述べるが、こと自身の感情面のこととなるとそれを表現できなくなる状態である。心身症は、自身の感情を言語で無く、身体症状として表現した障害であると考えることが出来よう。

スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]異常心理学

tb: 0   cm: 0

« 臨床実践研究 アナログ研究  |  研究 臨床実践研究 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/463-9eea8027
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。