05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

私説 対象関係論的心理療法入門 

私説 対象関係論的心理療法入門―精神分析的アプローチのすすめ私説 対象関係論的心理療法入門―精神分析的アプローチのすすめ
(2005/06/30)
松木 邦裕

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

本書は本当にすごい。
決して平坦な内容ではないが、それにもかかわらず、適度に専門用語を織り交ぜながらも精神分析的心理療法の過程を極めて明快に、流れ(治療構造の構築から終結後まで)に沿いながら解説をしてくれている。
そのため、非常にイメージがつかみやすく、分かりやすい。
「私説」とあるが、決して私的論理を読者に押しつけるようなエゴイスティックなものでもない。

また、タイトルには「対象関係論的」ともあるが、広く精神分析全般の知識を織り交ぜつつ解説がなされているので(とはいえ、やはり対象関係論の用語が多く見られるが)、精神分析の知識を実践へとつなげるための渡し船として、本書を読まれることを強くオススメする。
培った知識が本書を読むことによって、生き生きとしたものとして感じられるようになるだろう。

本書の中で管理人が特に感銘を受け、勉強になった言葉は「解釈とは、クライエントそのひとについての共感を含んだ理解を伝える作業なのです」というものだった。

それにしても、この内容・ボリューム・わかりやすさで3000円しないのは驚きである・・・
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0

« 神経症 神経症とは何か  |  異常心理学 DSMとICD »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/433-80a9a8c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。