08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

家族療法 家族療法とは何か  

家族療法とは何か

家族療法とは、家族を一つのまとまりをもったシステムとしてとらえ、特定の家族員に不適応が生じるのは、家族システムの機能不全がその根底にあると考える立場の心理療法である。
家族療法

 家族療法とは、家族を一つのまとまりをもったシステムとしてとらえ、家族そのものに介入していく心理療法である。家族療法では、家族ホメオスタシスの在り方を重視する。家族ホメオスタシスとは、家族を1つのシステムとして維持させようとする機能のことである。家族内に不適応を有するものが現れるのは、不適切な形ながらもホメオスタシスの働きにより家族機能を保とうとした結果だと言える。この家族ホメオスタシスは、特定の家族員が作り出すものではない。そのため、家族療法では、不適応を呈するものをIP(Identified Patient:患者の役割を担わされた人)と呼び、その原因を個人に起因するものと考える直接的因果律の考え方でなく、原因が結果となり、結果が原因となると言った円環的因果律の考え方をする。家族療法には、ヘイリー戦略的家族療法ミニューチン構造的家族療法サティア成長派家族療法などがある。

家族療法の考え方とは、例えば、

夫婦間の仲が悪くなってくる→離婚の危機→子供が不登校になる→夫婦がその原因をなすりつけ合う→しかし、口論し合っている間は離婚せずに済んでいる→夫婦の仲がさらに悪くなってくる→・・・

といったものである。この例の場合、不登校は、なんとか「家族」を維持するために生じた現象だと考えられる。
したがって、「不登校」にのみ介入しても根本的な問題の解決にはならない。

なお、家族療法は家族を一つのシステムとみなす立場であって、必ずしも家族員全員と面接するわけでない。
仮に家族員の特定の人物と面接する場合であっても、その人物の変化が家族全員の変化を促すと考えるからである。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 家族療法 家族療法の歴史  |  人間性心理学 ロゴテラピー »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/415-42a320a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。