10« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

尺度法 視覚的アナログ尺度 

視覚的アナログ尺度

視覚的アナログ尺度は10~20cmの長さのシンプルな直線で、両端に形容詞による固定値を付けて回答させる方法である。例えば、一方の端が「強く賛成する」で、もう一方の端が「強く反対する」となっているようなものである。

回答者はその線分上で同意の程度を最もよくあらわしていると考える場所に印を記入する(図1)。

視覚的アナログ尺度
視覚的アナログ尺度は大変簡便であり、与えられる選択肢が制限されていないことが特徴である。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理統計学・研究法]検定・分析編

tb: 0   cm: 0

« 研究法 単一被験体法(少数事例法)  |  クライエント中心療法 自己理論 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/402-3416dbe4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。