06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

認知心理学 ストループ効果 

ストループ効果

ストループ効果

 ストループ効果とは、ある色に関する単語(例えば「赤」という単語)がその色とは関係ない色(例えば青色)で書かれていた場合、その「色」を名称しようとすると(赤と読むのではなく、青と答える)、その反応時間が遅くなることである。これは普段、色の名称をする機会よりも言葉を読む機会の方が多いために、言葉を読む速度と色を名称する速度とが競合する認知的葛藤よって生じると考えられている。

試しに以下の文字の「色」を答えてみてほしい。
ストループ①

では、続いて次の文字の「色」も答えてみてほしい。
ストループ②
どうだっただろうか?二回目の物の方が答えにくかったのではないだろうか?
もしそうだとしたら、それがストループ効果である。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]認知心理学

tb: 0   cm: 0

« 尺度法 数値(デジタル)評定尺度  |  必要にして十分な条件 自己一致 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/397-ab646030
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)