05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

研究法 研究とは何か 

研究とは何か

研究は新しい発見(新事実の発見)や考えの確認(仮説の検証)を目的として行われる。そのいずれの際にしても研究者は「こうゆう条件ならば、ああ言う結果となるのではないか」「こうならば、ああなるはずであろう」という仮説を立て、その仮説を検証するための問い、つまりリサーチ・クエスチョンを立て、その問に従って仮説を検証していく。

このような研究を行うための代表的な方法論としては、実験準実験単一被験体法少数事例実験)、観察調査面接などがある。

「実験」は等価な二群の平均値を比較するなどの方法であり、環境を十分に統制して、一つ一つの条件を組織的に変化させ、それに伴う現象の変化を観察・測定・記録する方法である。
「実験」を大別すると、要因決定実験関数決定実験に分けて考えることが出来る。
要因決定実験

 要因決定実験とは、反応(現象)の規定要因と考えられるいくつかの条件を一つずつ除去、または変化させ、それに伴う反応(現象)の変化の有無を調べることによって、それが反応(現象)の規定要因であるか否かを調べる実験方法である。つまり、効果があるかどうかを調べる実験法と言える。

関数決定実験

 関数決定実験とは、規定要因であると明らかにされた条件を、組織的・段階的に変化させることによって、条件と反応(現象)との関数関係を調べる実験方法である。つまり、一つ一つの要因の量的関係およびその程度を調べるものであり、どういう効果があるかを調べる実験法と言える。


「実験」のデザインはt検定や分散分析の方法論に準じており、「調査」は質問紙により協力者の回答から得られたデータを分析する方法論に準じている。そのため、これらに関しては検定・分析編を参照されたい。

「面接」に関しては臨床心理学の三本柱を参照のこと。

したがって上記に挙げた研究法のうち、ここでは「準実験」「単一被験体法少数事例実験)」「観察」を扱っていくことにする。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理統計学・研究法]研究法

tb: 0   cm: 0

« 認知心理学 認知心理学とは何か  |  心理統計学 尺度法 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/379-a576aae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。