05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

クライエント中心療法 クライエント中心療法の歴史 

クライエント中心療法の歴史

ロジャーズが心理療法を創始した当初、その心理療法は今のように「クライエント中心療法」ではなく、「非指示的心理療法」と呼ばれていた。
それは、指示的な心理療法を受けたとしても犯罪者の再犯率が低下しないという実際的な統計結果や、問題の解決法を知っているのはクライエント自身しかいないという彼自身の人間観から、クライエントを中心にとらえ、非指示的にクライエントの気持ちに共感する必要があると考えたからである。
しかし、ロジャーズの考えが広く広まるにつれ、「クライエントの言葉をただ繰り返す」ことが「非指示」である、といった誤解が広まったため、共感性の重要性をより強調するために「クライエント中心療法」と名称を変更したのである。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 心理統計学 尺度法  |  クリティカルシンキング―研究論文篇 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/377-c9de2b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。