09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

認知行動療法モデル 論理療法 

論理療法

論理療法は、エリスによって考案された認知行動療法モデルに基づく行動療法の一技法である。
論理療法

 論理療法とは、エリスによって考案された認知行動療法モデルに基づく行動療法の一技法である。人の悩みは出来事そのものにあるのではなく、その出来事をどのように受け入れるか、つまり考え方によって生じるという考えに基づいている。論理療法は、ABCDE理論によって説明可能である。この理論はABC理論とDE理論とに分けて考えることが出来る。前者のABC理論は症状把握理論であり、A(出来事)は中立なもので、C(結果)が否定的なのは、B(信念)が不合理だからであるという考え方である。一方、後者のDE理論は援助理論であり、D(論駁)によって不合理な信念を変え、合理的な信念にすることによって、症状がよくなる(Eの効果)、という考え方である。論理療法は、特にうつ病に対して効果が高いことが知られている。

A:Activating Event
B:Belief System
C:Consequence
D:Disputing
E:Effectiveness

当初の名称はRational Therapyであったが、後にエリスはRational Emotive Therapy、Rational Emotive Behavior Therapyと、2度名称を変更した。そのため「論理療法」は、「論理情動行動療法」や「理性感情行動療法」「合理情動行動療法」といったように、様々に訳語されているが、本質的にはどれも同じである。

最近では、「人生哲学感情心理療法」とも呼ばれる。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 知能 知能の種類  |  知能 知能の構造 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/345-b4846e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。