07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

知能 知能の構造 

知能の構造

知能を複数の因子から成るものであるととらえる立場がある。一つがスピアマンによる2因子説である。2因子説では、一般的な頭の良さに相当する一般因子g因子)と、特定の領域における能力の高さを示す特殊因子s因子)を想定する(図1)。
2因子説
もう一つがサーストン多因子説である。多因子説では一般因子の存在を否定し、「数・言語・語の流暢さ・記憶・推理・空間・知覚」の7因子と、命名しにくい3因子を想定する(図2)。多因子説
多因子説では、それぞれの因子が重なり合って知能が形成されていると考える。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]基礎心理学

tb: 0   cm: 0

« 認知行動療法モデル 論理療法  |  認知療法 認知療法の過程 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/344-f0597054
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。