09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

記憶 保持の種類(短期記憶) 

保持の種類(短期記憶)

短期記憶
 
 短期記憶とは、保持時間が15~30秒程度の記憶であり、保持容量は7±2チャンクだと考えられている記憶である。ミラーによれば、チャンクとは記憶のまとまりを表す単位である。例えば、「CAT」という単語を知っている人にとっては1チャンクであるが、知らない人にとっては3チャンクと言うことになる(CとAとTの3つ)。したがって、チャンク数をいかに少なくできるかによって短期記憶に保持できる全体的な容量が変わってくる。短期記憶には感覚記憶の中で選択的注意が向けられた情報が転送されてくる。短期記憶内の情報は、精緻化リハーサルにより長期記憶に転送されていく。なお、短期記憶では情報の保持の側面に焦点を当てた概念であるが、バッデリーは情報処理の側面に注目し作業記憶の概念を提唱した。

リハーサル
  情報を反復想起すること。リハーサルには維持リハーサル精緻化リハーサルがある。前者は短期記憶に情報を留めておくことを目的としたリハーサルである。例えば、出前を取る時、電話をかける際にのみ電話番号を覚えておくために行われる種のリハーサルである。一方、後者は長期記憶に情報を転送することを目的としたリハーサルである。そのため、語呂合わせや記憶術などをもちいて深い水準の処理が行われる。例えば、歴史上で重要な出来事が生じた年号を暗記するために語呂合わせを考えるなどといった種のリハーサルである。

作業記憶
  作業記憶とは、バッデリーにより提唱された短期記憶の情報処理の側面に注目して提唱された記憶。例えば、我々は本を読んでいて「あの」などの指示語がでてきたら、それが何を意味しているのかを踏まえながら、続きの文を読んでいくが、この機能を作業記憶が担っている。作業記憶は、視空間スケッチパッド音韻ループそしてその2つを繋ぐ中央制御部から成る。視空間スケッチパッドは、視覚的情報の処理を担う機能であり、内なる目とも呼ばれる。音韻ループは、聴覚的な情報の処理を担う機能であり、内なる耳あるいは内なる口とも呼ばれる。中央制御部は、両者に対してエネルギーを供給する源である。中央制御部に貯蔵されるそれぞれのエネルギー量には限界がある。視空間スケッチパッドと音韻ループの機能の違いは二重課題法によって明らかにすることが出来る。

二重課題法
  2つの課題を同時に行うこと。二重課題法では、作業記憶の持つ視空間スケッチパッドと音韻ループの機能の違いを明らかにすることが出来る。例えば、数字を目で追いながら、単語の暗記をするという課題では単語の再生率は高い。この結果は、前者の課題は視空間スケッチパッドで処理される課題であり、後者は音韻ループで処理される課題であるためであると考えられる。しかし、計算をしながら、単語の暗記をするという課題では単語の再生率は低くまる。この結果は、前者の課題も後者も音韻ループにより処理される課題であるため、計算にエネルギーを要し、単語の暗記に必要なだけのエネルギーが中央制御部から供給されなかったためであると考えられる。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]基礎心理学

tb: 0   cm: 0

« 記憶 保持の種類(長期記憶)  |  SPSSとAmosによる心理・調査データ解析 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/309-22bbb98e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。