09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

発達過程(思春期、青年期) 自立 

自立

思春期、青年期になると、一人前の人間として自我を確立しようとする心の動きが働きだす。このことを自立と言う。
ホリングワースはこの時期に生じる親からの心理的自立の試みを心理的離乳と呼んだ。

また、職業経験を通して、キャリアを発達させている時期でもある。
スーパーはキャリア発達段階には以下の5つがあると想定した。
キャリアの発達段階
成長段階( 0~14歳)- 自己の興味、関心、能力の探究
探索段階(15~26歳)- 特定の仕事を絞る
確立段階(25~44歳)- 特定の仕事に定着
維持段階(44~65歳)- 確立した地位を維持。責任・役割・責務のまっとう
衰退段階(66歳~) - 有給の仕事から脱脂、地域活動、趣味、余暇、家族との時間を過ごす。 

スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]発達心理学

tb: 0   cm: 0

« 社会的認知 認知的一貫性  |  動機づけ フラストレーション »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/277-e87f1436
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。