05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

対象関係論 遊戯療法 

遊戯療法

クラインは遊戯療法の創始者の一人でもある。
クラインは、フロイトの言うエディプス期以前にも超自我が出現すると考えていたため、遊戯療法を成人の自由連想法の代わりに遊戯療法を取り入れた(自由連想法はエス・自我・超自我が備わった成人に適応する手法)。

しかしながら、この考え方は、精神分析の正統な後継学派である自我心理学派アンナ・フロイトとの間で、長らく論争を繰り広げることとなった。

なお、以下に述べるように、遊戯療法の提唱者には他に児童中心療法派アクスラインによるものもある。
遊戯療法

 遊戯療法とは、遊びを媒介にして行われる心理療法の総称である。その手段は言語、絵画、音楽、など特に限定はない。特に子供に対して用いられる。子供は言語能力が未発達なため、遊びを自己表出手段としてセラピストとの関わりの中で用いる。遊びには自己表出機能だけでなく、カタルシスや感情調節および社会適応能力の獲得などと言った多義的な意味合いも含まれる。遊戯療法の創始者としては、支持的態度をとる姿勢を強調したアンナ・フロイトや、分析的態度が必要であるとしたメラニー・クライン、遊戯療法の基本的態度として8つの基本原則を提唱したアクスラインらがいる。

8つの基本原則

① より早く、よいラポール関係を築く
② 子供の受容
③ 自発的表現を促す雰囲気作り
④ 子供の気持ちを察し、反射する
⑤ 子供の問題解決能力を信頼・尊重する。
⑥ 子供に遊びの主導権をにぎらせ、それに従う
⑦ 治療の進展を急かさない
⑧ 必要な制限を設ける

スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]臨床心理学

tb: 0   cm: 0

« 動機づけ 欲求の階層  |  マスコミュニケーション 世論形成 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/259-57e22d94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。