09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

心理統計学 検定論理 

検定論理

では、検定とはそもそもどのような論理で成り立っているのであろうか。対立仮説を採択するまでのステップをt検定を例を以下に示す。なお、有意水準は5%とする。
検定のステップ

①2つの母集団の平均値間に差は無いとする帰無仮説が正しいという前提で、両母集団から抽出したサンプルの平均値を比較。
(多くの場合、研究者は対立仮説の正しさを証明したいのだが、まずは帰無仮説が正しいとしておく。このように本来言いたいこととは異なる説を正しいと仮定し、それを後から反駁することで本来言いたい説を証明するやり方を背理法という)

②2つの平均値間に差が見られた。

③その差は偶然に見られたものなのかどうかを5%を基準に考える。

④帰無仮説が正しい、という前提のもとでは5%以下の確率でしかその差は生じないことが分かった。

⑤つまり、帰無仮説が正しい、という前提は確率的にかなり低いようであることが分かった。

⑥確率的に低いということから、「帰無仮説が正しい」という仮説を棄却し、「対立仮説が正しい」という仮説を採択することにする。

スポンサーサイト

カテゴリ: [心理統計学・研究法]検定・分析編

tb: 0   cm: 0

« 感情 感情と行動  |  コミュニティ心理学 対象 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/250-f8310960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。