09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

学習 ハンフリーズ効果 

ハンフリーズ効果
 
行動主義心理学では、刺激と反応とが連合されればされるほど、その結びつきは強化されると考えられている。
しかし、実際はそうとは限らない。
ハンフリーズ効果

 強化を刺激と反応との連合に基づくものだと考えると、連続強化の方が部分強化に比べて連合回数が多いため、刺激と反応との結びつきはより強くなると考えられ、それゆえ消去も生じにくいと考えられる。しかし、実際はその逆であり、部分強化の方が連続強化に比べて消去が生じにくい。このように部分強化によって条件づけられた行動の方が、連続強化によって条件付けられた行動よりも消去抵抗が強くなる現象のことをハンフリーズ効果という。強化矛盾とも呼ばれる。

スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]基礎心理学

tb: 0   cm: 0

« 心理統計学 検定  |  心理-性的発達論 潜伏期・性器期 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/175-2fc2ad1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。