07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

ピアジェの発達論 ①感覚運動期  

感覚運動期

感覚運動期とは、子供が身体的行為を通して外界と接触する時期である(0~2歳)。

感覚運動期は第一次循環反応期から第三次循環反応期に下位区分される。

第一次循環反応 → 体を動かす
第二次循環反応 → 物への働きかけ
第三次循環反応 → 物と物を呼応させる

※感覚運動期の後期には、目の前から事物が消えても、その事物自体は存在し続けるという対象の永続性を獲得する。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]発達心理学

tb: 0   cm: 0

« ピアジェの発達論 ②前操作期  |  夜と霧 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/140-91577a35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。