06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

平成17年度 問題98 

平成17年度 問題98

A.問題文そのまま。連携する際はきちんとその旨をクライエントに伝えることが必要。

B.ダブルセラピストは確かに望ましくない。しかし、相談室に来た以上、それは何かしら助けを求める行為であると思われるので、そのまま帰し、面接しない方が問題である。

C.問題そのまま。

D.守秘義務は存在するが、組織的な守秘義務が存在するのであって、個人レベルでは情報交換をするべき。また、公立中学校は教育委員会の管理下にある。


従って、正しい組み合わせ c.○×○× が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成17年度

tb: 0   cm: 0

« 平成17年度 問題99  |  平成17年度 問題97 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/1109-cb252f41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)