03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

平成15年度 問題84 

平成15年度 問題84

a.平均的な喪服期間はあるにしても、人によって必要な援助は異なる。心理面接の期間や頻度は一義的に決めるべきではない。

b.適切であると思われる。

c.適切であると思われる。

d.適切であると思われる。

e.適切であると思われる。


従って、適切でない選択肢 a. が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成15年度

tb: 0   cm: 0

« 平成15年度 問題92  |  平成15年度 問題83 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/1037-f9e9728d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)