07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

平成15年度 問題3 

平成15年度 問題3

A.Vygotsky,L.S.は、発達を社会的、心理的に発達するという二元論を唱えた。Vygotskyの理論では、発達の最近接領域が有名で、これは、自分で問題解決可能な領域と、援助があって問題解決可能な領域があり、それがオーバーラップしている領域に対して教育を施すが最も成果を発揮するとした。よって一元論的ではない。参照

B.Piaget,J.は発生的認識論を唱えた。発生的認識論とは、どのように子どもの認識(認知)が発達してゆくかというものである。主な特徴としては感覚運動期、前操作期、具体的操作期、形式的操作期という段階を設定したこと、シェマという認知の枠組みを想定し、それは外界からの刺激を受け、同化/調節されるもの、つまり外界との相互作用により発達するものとしたことである。よって「生得的に持っている思考する力から発する」のではなく、環境との相互作用で発する。参照

C.問題文そのまま。参照

D.問題文そのまま。以下の図のようにマイクロシステム・メゾシステム・エクソシステム・マクロシステムが子供を取り巻いていると考えられている。
ブロンフェブレナー



マイクロシステム:子供を直接取り巻いている環境。
メゾシステム:マイクロシステム間の相互関係。
エクソシステム:マイクロシステムやメゾシステムに影響を与えている環境要因。
マクロシステム:その個人が含まれている文化の価値観や養育観など。


従って、正しい選択肢 e.××○○ が正解。
スポンサーサイト

カテゴリ: [臨床心理士資格試験]平成15年度

tb: 0   cm: 0

« 平成15年度 問題7  |  平成14年度 問題100 »

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://clinicalpsychocommu.blog52.fc2.com/tb.php/1001-5e5f2d68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。