06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

機能分析心理療法 


機能分析心理療法―徹底的行動主義の果て、精神分析と行動療法の架け橋機能分析心理療法―徹底的行動主義の果て、精神分析と行動療法の架け橋
(2007/07)
R.J. コーレンバーグ、M. サイ 他

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★☆☆

近年、徹底的行動主義の流れをくむACTが注目を集めているが、その流れをくむのは何もACTだけではない。
この機能分析心理療法(FAP)も徹底的行動主義の流れをくむ心理療法である。

しかも、このFAPの方がACTよりも確立時期が早く、ACTの従兄にあたる存在であるため、FAPを学ぶことはACTを学ぶ上でも有意義であると思われる。

FAPの大きな特徴は、副題に「精神分析と行動療法の架け橋」とあるように、精神分析で言う「転移」をいかに徹底的行動主義の文脈の中で機能分析し、それを面接の中で“どのように使うか”という応用的な側面を強調している点にある。
要するに、面接内でクライエントが訴える主訴に関する問題行動を生起させ、それを面接内で直接扱い、その行動を改善していくことを目標としているのである。

以上のような観点から行動を観察できると、「なぜ、このような行動をクライエントは今ここでみせているのか?」と、行動の機能の内容に注目する視点に敏感になることが出来るであろう。


興味を持った方は直接本書を手にとってもよいし、
ACTハンドブック 臨床行動分析によるマインドフルなアプローチの14章に目を通して「これは!」と思った時に手にとってもいいかもしれない。


…ただし、個人的には少し気になる部分があった。それはアセスメントの部分である。
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理系オススメ図書]実践向け

tb: 0   cm: 0