03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

生理心理学 神経 

神経

脳も神経の一種であるが、神経は大きく中枢神経末梢神経の2種に分けられる。
前者の中枢神経には脳と脊髄が含まれる。後者の末梢神経はさらに体性神経自律神経とに区分される(ベル・マジャンディの法則)。
体性神経は、随意的な運動(意識的に手を挙げるなど)を担う神経である。一方、自律神経は不随意的な運動(心拍など)を担う神経である。
さらに、自律神経は交感神経副交感神経とに分けられ、前者は生体を興奮させる際に働き、後者は生体を休息させる際に働く。
交感神経と副交感神経

 交感神経と副交感神経はともに自律神経である。ただし、両者の機能は拮抗関係にある。交感神経は主として生体の活動準備性を高める際に機能する神経である。交感神経が活性化するとアドレナリンやノルアドレナリンが放出され、心拍の上昇・血圧の上昇・発汗・消化機能の低下などが生じる。キャノンによれば、こうした身体環境の変化は緊急事態に対応するための状態を準備するものであり、これらの反応を「闘争か逃走(Fight,Flight)の反応」と呼んだ。一方、副交感神経は主として身体活動の消耗を回復させる際に機能する神経である。副交感神経が活性化するとアセチルコリンが放出され、心拍の低下・血圧の低下・消化機能の向上などが生じる。その結果、身体が休息するための状態を準備する。

ものを食べてすぐ運動すると腹部が痛くなるのは、運動すると副交感神経の働きが低下し、交感神経が働きだすので、胃の内容物が消化されず、その内容物が胃を刺激するからである。
また、交感神経と副交感神経の拮抗的な作用が破綻した状態を、俗に「自律神経失調症」という。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]生理心理学

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。