06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

心理検査 心理検査とは何か 

心理検査とは何か

心理検査とは、クライエントのパーソナリティの一側面を把握することを目的として実施される道具であり、主にアセスメントの際に用いられる。

ただし、心理検査で得られる結果は絶対的なものではないため、あくまでもクライエントを理解するための一つの参照枠としてとどめておかなければならない。
そうでなければ、心理検査をするという行為がただのレッテル張りの行為となり、いたずらに偏見や差別を助長するだけとなる。

心理検査には、知能検査人格検査発達検査などがある。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

心理検査 心理検査に求められるもの 

心理検査に求められるもの

心理検査は、妥当性信頼性、そして実用性を備えていることを要件としている。
これらを欠く心理検査は、動物占いや血液型占いとそう変わるものではなく、臨床的な価値は皆無であるといってよい。

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

心理検査に求められるもの 妥当性 

妥当性

妥当性とは、測定したいものが本当に測定できているのか、の程度を示す指標である。
妥当性には、内容的妥当性基準関連妥当性構成概念妥当性などの種類がある。

① 内容的妥当性

複数の専門家間でコンセンサスの得られる項目から構成されていることを示す。
例えば、「不安」を測定する心理検査を作成する際、多くの研究者が認知的・行動的・生理的な面などから不安を推定すべしと考えるであろうので、それらの要件を満たした項目から構成されていなければならない。


② 基準関連妥当性

2つ以上の基準間の相関の高さを示す。
基準となるデータが同時に手に入るか、将来に手に入るかによって、(1)併存的妥当性と(2)予測的妥当性に分けられる。

(1)併存的妥当性
「不安」を測定すると思われる新しい心理検査が、既存の「不安」を作成する心理検査と相関が高かった場合、その新しい心理検査は妥当性が高いということになる。

(2)予測的妥当性
「大学院入試テストの高得点者ほど、将来優れた臨床家になるだろう」という予測のもと、入試テストを行い、将来、本当にそのテストの高得点者ほど優秀な臨床家へ成長したとすれば、その入試テストは「臨床家の資質を探る」という点で妥当性の高いテストであったということになりうる。(あくまでも例え)


③ 構成概念妥当性 

理論的に定義された概念(構成概念)が理論と矛盾しないような結果となるか否かを示す。

構成概念とは、例えば、「嫌いな人になぜか過剰に優しくしてしまう」といったような一見不可解な現象に「反動形成」という概念を投入すれば、ある程度、論理的にその現象を説明できるが、このような説明の便宜上、恣意的に作り出した概念のことをさす。

以上の例のように、心理学で扱う概念は、ほとんどが構成概念なので、「その概念を説明するのに、その理論はふさわしいのか」を検討することが求められるのである。

構成概念妥当性は、データの収集の仕方により、(1)収束的妥当性と(2)弁別的妥当性とに分けられる。

(1)収束的妥当性
同一の構成概念を異なる方法で調べても相関がある場合。

(2)弁別的妥当性
測定方法は同じでも、異なる構成概念を調べているのなら相関は低い場合。


カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

心理検査に求められるもの 信頼性 

信頼性  

信頼性とは、繰り返しテストした際に一致する程度を示す指標である。
信頼性の測定する方法として、再テスト法平行代替テスト法折半法があげられる。


① 再テスト法

同じテストを数回実施して、結果が一致するかを調べる方法。
簡単に実施できる点が長所だが、記憶や学習の効果がでやすい点が短所である。

 
② 平行(代替)テスト法

同じ性質(難度が同じなど)のテストを実施する方法。
学習や記憶の影響がない点が長所だが、平行テストそのものを作るのが困難な点が短所である。


③ 折半法

1つのテストを2つ以上に分けて、そこでの一致率をみる方法。例えば、10問ある検査の場合、1~5、6~10に分けてその一致率をみる。
1回テストを実施すれば済む点が長所だが、折半する方法を吟味する必要がある点が短所である。「1~5、6~10」ではなく、「奇数・偶数」で分けるべきだったかもしれない、など。

このように、折半法は折半する方法を吟味しなければならないという短所があるため、可能な折半法をすべて実施し、その平均値で信頼性の指標を示すα係数を算出することが多い。



なお、信頼性には、①同一個人に同一の条件で同一のテストを行った場合、同一の結果が出るかどうかという安定性と、②同一個人が同じような(同一の、ではない)質問に対して、同じような答えをするかという内部一貫性とがあるが、再テスト法と平行(代替)テスト法は安定性を、折半法は内部一貫性を追求する指標である。




ここで理解の確認を行いたいと思う。

「身長を測りたい」という意図を持ち、それを満たす目的で「体重計に乗る」という行為を行った場合、この「体重計」に信頼性はあるだろうか?妥当性はあるだろうか?
なお、この人物は、暴飲暴食をしたこともなければ、今後することもないと仮定する。また、体重計も壊れていないと仮定する。



さあ、どうであろうか。



この場合、体重計に同じ人物が乗れば、同じ体重を示すと考えられるので、「繰り返し実施しても、同じ結果がでる程度」である信頼性は高い。

一方、身長を測定するのに体重計はふさわしい道具ではないので、「測定したいものを測定できている程度」である妥当性は低い。

・・・わかりましたでしょうか?

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

心理検査に求められるもの 実用性 

実用性

実用性とは、使い勝手が良いか否か、ということである。
いくら測定したいものがドンピシャで測定でき、しかもその結果が一貫していたとしても、測定するのに大変なコストを有し、一回実施するだけでクライエントが疲弊しきるようなものでは使えない。

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

心理検査 知能検査とは何か 

知能検査とは何か

知能検査とは、「知能」と呼ばれる精神機能について、その個人差を客観的かつ科学的に把握することを目的とした心理学的測定道具である。

「知能」とは非常に多義的な概念であり、何を持って知能が高い・低いとするかのコンセンサスを得るのは困難である。
そのため、各知能検査では、どのような特性を「知能」とするのかをあらかじめ操作的定義している。

操作的定義
この検査では、これこれの特性が高い数値を示した時「知能が高い」ということとして扱う、などの事前の定義付け。


代表的な知能検査には、ビネー式知能検査ウェクスラー式知能検査ITPAK-ABCなどがある(後者の二種は厳密にいえば知能検査ではなく、認知能力検査である)。

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

知能検査 ビネー式知能検査 

ビネー式知能検査

ビネー式知能検査とは、代表的な知能検査の一つであり、ビネーらが作成した知能検査を改正・標準化したテストの総称である。
ビネー式知能検査

 ビネー式知能検査とは、フランス政府が義務教育を始めるにあたり、健常児と学習不振時を分ける必要が生まれた際、ビネーシモンに健常児と学習不振時をスクリーニングできるテストの作成を要請して出来た知能検査を嚆矢とする知能検査の総称である。ビネーらによるオリジナルのものが作成されたのは1905年である。当初は、検査問題が年齢に沿って易しい問題から難しい問題へと順々に並べられ、どこまで問題が解けるのかによって、どの程度の精神年齢(MA)なのかを判断するというものであった。その後、ターマンによってシュテルンが考案した、精神年齢(MA)を生活年齢(CA)で割った値に100をかけて知能指数IQ)とする概念がビネー式に取り入れられた。ビネー式知能検査は、一般知能、知的能力の全体的な発達水準を測定するため、ウェクスラー式知能検査に比して概観的知能検査とも呼ばれる。

当初、ビネーらが作成した精神年齢を判断するために用意された問題は、当該の年齢層であれば、50~70%が正答できる問題であったものであったため、これらを標準問題と呼ぶ。
つまり、どの年齢層の標準問題が解けたか、によって精神年齢が判断される。あくまでも知能の遅速を調べようとしていたのである。
ところが、ターマンによって知能指数が算出されるようになった。そのことで、ビネーらは「知能が量的な差である」といった誤解が生じると懸念していたという。

なお、日本においてこのビネー式を標準化した人物としては、鈴木治太郎田中寛一が有名である。

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

知能検査 ウェクスラー式知能検査 

ウェクスラー式知能検査

ウェクスラー式知能検査とは、ウェクスラーによって作成された一連の知能検査の総称である。ウェクスラー式知能検査で測定する知能とは、目的的に行動し、合理的に思考し、能率的にその環境を処理しうる総合的・全体的能力と定義される。
ウェクスラー式知能検査

 ウェクスラー式知能検査とは、ウェクスラーによって作成された、国際的に広く使用されている知能検査である。ウェクスラーは、ビネー式知能検査が成人への使用には不向きであるとの批判からこの知能検査を創始するにいたった。知能の内容を分析し、個人の得意・不得意とする知的領域の個人差をも明らかに出来るため、ビネー式知能検査に比して診断的知能検査と呼ばれる。用途は医療・福祉・教育・矯正・司法など幅広い。


ウェクスラー式知能検査は、対象者の年齢によって用いられる検査が異なる。

*幼児用:WPPSI
(Wechsler Preschool and Primary Scale of Intelligence)
 
*児童用:WISC
(Wechsler Intelligence Scale for Children)

*成人用:WAIS
(Wechsler Adult Intelligence Scale)


※以下、WAIS-ⅢとWISC-Ⅲについて述べる。

ウェクスラー式知能検査では、全体的なIQである全IQFIQ)が算出されるが、それは言語能力・聴覚処理能力を反映した①言語性IQVIQ)と非言語能力・視覚的情報処理を反映した②動作性IQPIQ)とが下位分類として存在している。


①言語性IQ
言語性IQは言語理解作動記憶の2つの群指数(因子)から構成される。
言語理解は「単語」「類似」「知識」の問題から成り(WISC-Ⅲでは「理解」も含まれる)、作動記憶(WISCでは注意記憶)は「算数」「数唱」「語音整列(WAIS-Ⅲのみ)」の問題から成る。


②動作性IQ
動作性IQは知覚統合処理速度の2つの群指数から構成される。
知覚統合は「絵画完成」「積木」「行列推理(WAIS-Ⅲのみ)」の問題から成り(WISC-Ⅲでは「絵画配列」「組合せ」も含まれる)、処理速度は「符号」「記号」の問題から成る。

※「迷路(WISC-Ⅲのみ)」は群指数に含まれないが、FIQを算出するのに必要。

言語性IQと動作性IQとの差(ディスクレパンシー)が大きい場合、学習困難の可能性が懸念される。

ただし、WAIS-ⅣやWISC-Ⅳでは言語性IQと動作性IQの概念は採用されなくなった。



ウェクスラー式知能検査ではIQは、偏差IQとして算出されるが、それは以下のような計算式によっている。

偏差IQ = 15(x-M)/SD + 100  
     x:個人の得点    M:同じ年齢層の集団の平均

※なお、平均が50、偏差が10と設定されている点が異なるだけで、偏差IQと偏差値はほとんど同じものである。
cf ) 偏差値= 10(x-M)/SD + 50

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 0

知能検査 ITPA 

ITPA
 
ITPAとはIllinois Test of Psycholiguistic Abilitiesのことであり、カークにより作成された言語能力からその個人の認知機能を査定する検査である。

ITPAは言語学習能力の個人内差を明らかにし、その結果をもとに教育に具体的に役立てるために用いられる。
ITPAでは、子供の言語能力を回路(聴覚―音声、視覚―運動)、過程(受容、連合、表出)、水準(表象、自動)の3次元のモデルで表し、それのどの処理過程に欠陥があるのかを診断し、欠陥部分は集中的訓練が行われる。

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 1

知能検査 K-ABC 

K-ABC
 
K-ABCとは、Kaufman Assessment Battery for Childrenのことであり、カウフマン夫妻によって開発された幼児・児童向けの個別式心理教育アセスメントの総合的なバッテリーである。

日本版K-ABCは、松原達哉、前川久男、藤田和弘、石隅利紀らによって標準化が行われた。対象年齢は2歳6ヶ月から12歳6ヶ月までとなっており、実施時間は2歳6ヶ月で約30分、6歳以上で約60分である。


K-ABCの評価尺度は大きく心理尺度である①認知処理過程尺度と、教育尺度である②習得度尺度とから構成される。


①認知処理過程尺度

認知処理過程尺度は、継次処理尺度同時処理尺度から構成される。

◆継次処理
順序立てて理解する能力。聴覚的情報を手がかりとすることがある。部分から全体へ向かう処理。
例えば、今朝食べたものを思い出す時、食べたものの順番にそって思いだす場合、継次的な処理をしていると考えられる。
もしご自身が継次処理を得意とするとお考えなら、繰り返し繰り返し参考書なり本ブログなりを音読なさりながら勉強することをオススメする。

◆同時処理
視覚的な手がかりをもとに全体を理解する能力。全体から部分へ向かう処理。
例えば、今朝食べたものを思い出す時、食卓に並んだ献立を映像的に思いだす場合、同時的な処理をしていると考えられる。
もしご自身が同時処理を得意とするとお考えなら、目に焼きつくほど繰り返し繰り返し参考書なり本ブログなりを読みかえして勉強することをオススメする。


継次処理尺度は「手の動作」「数唱」「語の配列」の3つの下位尺度からなり、同時処理尺度は「魔法の窓」「顔探し」「絵の統合」「模様の構成」「視覚類推」「位置探し」の6つの下位尺度からなる。

なお、これら認知処理過程尺度には例題とティーチングアイテムが設定されており、実際の課題に入る前に練習が行えるように考慮されている。
これは子どもが課題の意図を理解していなかったために、課題をこなす事が出来ず、正確な認知処理過程が反映されないことを防ぐためである。制限時間は設けられていない。


②習得度尺度

習得度尺度は「算数」「なぞなぞ」「言葉の読み」「表現の要求」「文の理解」の5つの下位尺度からなる。

以上を図式化すると以下のようになる(図1)。

abc.jpg

このように、K-ABCでは、子どもの認知処理過程が同時処理か継時処理かを診断することを目的としている。そのことによって、得意な認知処理スタイルを生かした指導へ役立てることが目指されるのである。

実施するに先だって、検査者は子供に対し「喉は乾いていないか。空腹ではないか。疲れていないか。トイレは済ませたか」など必ず確認し、子供の名前をたびたび呼び、安心させるよう心がける必要がある。

なお、K-ABCはイーゼル(問題掲示板)の使用により、マニュアルなしで簡単に実施できるという特徴がある。

カテゴリ: [心理学]心理検査学

tb: 0   cm: 1