03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

心理学検定 公式問題集 

心理学検定 公式問題集心理学検定 公式問題集
(2009/04/11)
日本心理学諸学会連合 心理学検定局

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★☆☆

あらゆるジャンルの心理学の問題が記載されている。
心理学部の学生で、大学院に進学しようか逡巡している学生は
とりあえずこれで勉強してみて、資格修得を目指してみるのもいいかもしれない。
スポンサーサイト

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

自分でできる心理学問題集 

自分でできる心理学問題集自分でできる心理学問題集
(1998/03)
二宮 克美宮沢 秀次

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

知識を整理するのに便利。
5つの選択肢から正しい答えを選ぶ問題なので、
誤答の用語もきちんと辞書で調べながら勉強するのをお勧めする。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

問題集 自分でできる学校教育心理学 

問題集 自分でできる学校教育心理学問題集 自分でできる学校教育心理学
(2001/08)
大野木 裕明宮沢 秀次

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★☆☆

教育心理学系統の問題が課せられる編入試験や、院試を受ける予定のある方は、
一通りでも目を通しておくとよい。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

試験にでる心理学(一般心理学編) 

増補改訂 試験にでる心理学(一般心理学編)増補改訂 試験にでる心理学(一般心理学編)
(2006/06)
高橋 美保山口 陽弘

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

公務員試験者を対象としたものだが、十分大学院受験者でも参考になる。
臨床心理系の大学院受験者も、ぜひ読んでおきたい。
論述対策にはこれ以上ない良書。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

試験にでる心理学 心理測定・統計編 

試験にでる心理学 心理測定・統計編―心理系公務員試験対策/記述問題のトレーニング試験にでる心理学 心理測定・統計編―心理系公務員試験対策/記述問題のトレーニング
(2002/05)
山口 陽弘高橋 美保

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★☆☆

公務員試験者を対象としたものだが、十分大学院受験者でも参考になる。
信頼性や妥当性関連の個所は必読ではあるが、
残念ながら、それ以外の部分は若干まとまりに欠ける。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

試験にでる心理学 社会心理学編 

増補改訂 試験にでる心理学 社会心理学編 ―心理系公務員試験対策/記述問題のトレーニング増補改訂 試験にでる心理学 社会心理学編 ―心理系公務員試験対策/記述問題のトレーニング
(2009/04)
高橋 美保

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★★

公務員試験者を対象としたものだが、十分大学院受験者でも参考になる。
おそらく社会心理学に関連する図書で、一番くわしい。
論述対策にはこれ以上ない良書。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

試験にでる心理学 臨床心理学編 

試験にでる心理学 臨床心理学編―心理系公務員試験対策/記述問題のトレーニング試験にでる心理学 臨床心理学編―心理系公務員試験対策/記述問題のトレーニング
(2004/09)
山口 陽弘高橋 美保

商品詳細を見る

オススメ度 ★★★★☆

公務員試験者を対象としたものだが、十分大学院受験者でも参考になる。
ただ、比較的内容がむずかしいため、初学者にはお勧めできない。
臨床心理系大学院を受ける方は、必読。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

心理学頻出キーワード集 


指定大学院入試と臨床心理士試験のための心理学頻出キーワード集'15~'16年版指定大学院入試と臨床心理士試験のための心理学頻出キーワード集'15~'16年版
(2015/02/25)
IPSA臨床心理士大学院予備校 浅井伸彦ほか

商品詳細を見る


オススメ度 ★☆☆☆☆


たまたま本書を書店で見つけたので手にとってパラパラと見てみたら、本ブログの文章の構成と内容がほぼ一致する文面が散見されたが、気のせいだということにしておこう。

とにかく、本ブログを見てくださっている方々がわざわざ同じような作りの本書をお金をかけて購入する必要があるかと言えば、恐らくそれほどの必要性はない。ただ、本ブログで扱っていないタームも見られたのでより高い完成度を目指したい方は購入されてもいいのかもしれない。

カテゴリ: [心理系オススメ図書]問題集

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。